「1日3000万円稼ぐ」歌謡界トップで孤独感を深めた中森明菜 近藤真彦と“初デートの夜”に起きたこと から続く

 中森明菜が、六本木の近藤真彦のマンションで自殺を図ったのは1989年7月11日のことだった。

 仕事を終えて自宅に戻った近藤が、浴室で血を流して倒れている明菜を発見し、119番通報。左ひじの内側をカミソリで真一文字に切った明菜は慈恵医大病院に運ばれ、6時間に及ぶ緊急手術が施された。

 2日後に明菜は24歳の誕生日を、そして近藤は8日後に25歳の誕生日を迎える目前だった。(「文藝春秋」2021年11月号より、全2回の1回目/ #6 に続く)


近藤真彦(左)と中森明菜(右)

◆ ◆ ◆

「メリーさんは怒り心頭で」

 騒ぎが広がるなか、近藤が所属するジャニーズ事務所の副社長(当時)メリー喜多川は、ある男の行方を捜していた。

 近藤の初期のヒット曲を手掛けたRVCレコードの元担当ディレクターで、メリーが最も信頼を寄せていた小杉理宇造である。

 小杉はRVCから独立し、当時は明菜が所属するレコード会社、ワーナー・パイオニア(現ワーナーミュージック)と同じグループ傘下にあるレーベル、アルファ・ムーンの代表を務めていた。メリーは事態の収束には小杉の力が必要だと考えていた。

 小杉は滞在先の香港で、明菜の自殺未遂の一報を聞いた。妻からの電話でメリーが自分を探していることを知り、「すぐに帰って来て欲しい」という伝言を受けとった。

 ここから事態はマスコミの眼を避け、水面下で動き始めていく。

 メリーは帰国した小杉を、明菜の所属事務所、研音の創業者である野崎俊夫会長とワーナーの山本徳源社長との会合の場に呼んだという。

 ジャニーズ事務所関係者が明かす。

「業界の大物2人を前にメリーさんは怒り心頭の様子で、『大の大人が2人もいて、だらしがないのよ』と、面罵したそうです。実は入院していた明菜さんに面会できたのは基本的には家族だけでした。明菜さんは6人きょうだいの5番目、三女ですが、両親やきょうだいだけでなく小学生の姪っ子などもお見舞いに来ていました。しかし、肝心の研音とワーナーは誰1人病室に入ることを許されず、お見舞いの花すら明菜さんが捨ててしまう状態でした。両社のトップも成す術がなく、弱り果てていたのです」