秋篠宮さまが、11月30日に56歳の誕生日を迎えられ、誕生日を前にした記者会見で、10月26日の朝に長女・眞子さんを送り出された父親としてのお気持ちについて、「元気で暮らしてくれればいいなという気持ちでしょうかね。そういうことを最後に言ったつもりなんですけれども、ヘリコプターの音で全てかき消されてですね。向こうも何か言ったのですが、結局、何も聞こえずに終わりました」と述べられました。

「文藝春秋」は秋篠宮家の内実を報じてきました。秋篠宮さまと親交の深い江森敬治氏(毎日新聞編集委員)による「秋篠宮が私に語った『次男の覚悟』」(「文藝春秋」2010年4月号)を特別に全文公開します。(全3回の1回目/ #2 、 #3 に続く)

(※年齢、日付、呼称などは掲載当時のまま)

◆ ◆ ◆

近年重みを増す秋篠宮さまの立場

 平成21年は、天皇、皇后両陛下の即位20年と結婚50年という二重の喜びに包まれた年だった。秋には祝賀行事も催され、皇室は華やかな祝賀ムードにあふれた。

 今年、天皇陛下は77歳、皇后さまは76歳になる。両陛下の年齢を考慮しながら、次世代に向けた動きもまた、着実に進行している。昨年11月初めの記者会見で、陛下は「将来の皇室の在り方については、皇太子とそれを支える秋篠宮の考えが尊重されることが重要と思います」と語った。

 陛下は、皇室の将来を決めるうえにおいて、皇太子さまだけでなく、秋篠宮さまの考えも重要だと公の場で初めて明言した。だが、次の天皇となる皇太子さまの意見や考えが尊重されることは理解できるものの、次男である秋篠宮さまにまで言及したことに、首をかしげた国民も少なからずいるかもしれない。

 例えば、天皇陛下と2歳違いの弟、常陸宮さまは幼少期から、別々の場所で生活した。皇室では長男と次男は歴然と区別されて育てられる。かつて昭和天皇が皇室の将来を決めるうえで、常陸宮さまの考えも尊重するべきだとの期待を会見等で表明したことがあっただろうか。こう考えてみると、陛下の発言は異例のことかもしれない。

 しかし、秋篠宮さまの立場が近年、重みを増していることも事実なのだ。

 宮さまの長男で今年、4歳となる悠仁さまは皇太子さま、秋篠宮さまに次いで皇位継承順位3位。「皇位は、皇統に属する男系の男子たる皇族が、これを継承する」と定めた現行の皇室典範の下では、皇太子ご夫妻の長女、愛子さまにはその資格がなく、このままいけば将来、悠仁さまが天皇となる可能性は大きい。加えて――いや、こちらの方が、あるいは重要なのかもしれないが――病気療養中の雅子さまを支える皇太子さまに比べ、秋篠宮さまの方が家族で両陛下と接する機会も多く、両陛下との関係はより濃密なのだ。高齢となり、体調も心配される両陛下にとっては、心強く頼りとなるのは、いつも近くにいてくれる秋篠宮さまとその家族ということになるだろう。心情的には秋篠宮さまを、皇太子さまより「かわいい」と思っているかもしれない。

 昨年11月末に行われた44歳の誕生日会見で、秋篠宮さまは今後の皇室のあり方については、「将来その当事者になる皇太子ほかの意見を聞くという過程も私は必要なのではないかと思っております」と答えた。