11月24日朝、愛知県弥富市の十四山(じゅうしやま)中学校で、同校に通う3年生の伊藤柚輝くん(14)が包丁で刺されて死亡する事件が発生した。愛知県警は刺した男子生徒(14)を殺人未遂の現行犯で逮捕した。

 現場となった中学校は、一学年50人ほどの小規模校だ。3年生は2クラスに分かれており、被害にあった伊藤くんと逮捕された男子生徒は別のクラスだった。凶行は校舎2階にある、被害生徒の教室を出てすぐの廊下で起きたという。地元紙記者が語る。


事件が起きた愛知県弥富市の十四山中学校 Ⓒ文藝春秋

「事件が発生したのは午前8時すぎ。始業前でしたが、ほとんどの生徒が登校して毎朝の読書タイムに向けて準備をしている時間でした。それぞれのクラスの担任も教室内にいましたが、廊下でトラブルが起こっていたことには気づかなかったと言います」

 男子生徒は自ら持ち込んだと見られる刃渡り20cmほどの包丁で伊藤くんの腹部を刺した。刺された伊藤くんは、大量の血を流しながらも自力で教室へたどり着いた。事件を知った担任が職員室へ連絡し、AEDを持って駆けつけた職員が心臓マッサージなどの救命活動を開始された。警察官と救急隊が現場に駆けつけて伊藤くんは近隣の大型病院に搬送されたが、傷は肝臓を貫通するほど深く、10時35分に死亡が確認されたという。

「死因は出血性ショック。伊藤くんを刺した男子生徒は犯行後、凶器となった包丁を持ったままその場に立ち尽くしていました。遠巻きに教員が包丁を下ろすように伝えると、暴れたり逃げたりすることなく、素直に指示に応じたようです」(前出・地方紙記者)