12月1日、天皇皇后両陛下の長女・愛子さまが20歳の誕生日を迎えられた。

「これからは成年皇族の一員として、一つ一つのお務めに真摯に向き合い、できる限り両陛下をお助けしていきたいと考えております。そして、日頃から思いやりと感謝の気持ちを忘れず、小さな喜びを大切にしながら自分を磨き、人の役に立つことのできる大人に成長できますよう、一歩一歩進んでまいりたいと思います。まだまだ未熟ではございますが、今後とも温かく見守っていただけましたら幸いに存じます」

 と、ご成年に当たってのご感想を述べられている。学習院大学に初めて通学された際の装いや、愛子さまが新入生の中に溶け込み、和やかに会話されていたご様子をあらためて振り返る。(初出:2020/12/01 年齢、日付、呼称などは掲載当時のまま)


2021年、愛子さまのお誕生日に際してのご近影 宮内庁提供

◆ ◆ ◆

 愛子さま19歳のお誕生日に際して、桜色のボウタイブラウスに、控えめなワインレッドのハイウエストワイドパンツをお召しになったご近影が公開された。

 10月24日、今年4月に入学した学習院大学に初めて通学された際の装いも深い印象を残している。愛子さまは、ネイビーのジャケットにオフホワイトのトップスを合わせられ、グレーのスカートとブラックのパンプスをお召しになっていた。水色が織り込まれたグレンチェックのAラインスカートがとても素敵で、若々しい装いだった。

 スカートのデザインを引き立てるようなショート丈のネイビーのジャケットを選ばれたところからも洗練された雰囲気が感じられ、トップスにあしらわれた小さな花にガーリーなテイストも込められていたように思う。

愛子さまは、ジャケットから水色カーディガンへ

 秋篠宮家の長女・眞子さま(29)と次女・佳子さま(25)も大学の入学式ではシンプルなスーツをお召しだったが、愛子さまの場合は通学の日の佇まいということもあり、より日常のスタイルに近いものをお召しになっていたのだろうと思っていた。だが、新入生向けガイダンスなどに出席されたこの日、愛子さまは報道陣の前に姿を見せられた後、ジャケットからカーディガンへお着替えなさっていたようだ。

「学生の中にはスーツやジャケットを着ている人もいましたが、普段着に近いような格好の人が多かったように思います。その中で、愛子さまは柔らかなトーンの水色のカーディガンをお召しになっていて、新入生の中に溶け込まれていました。何人かで自然と会話が弾んだ時には『敬宮愛子です、よろしくお願いします』と自己紹介されたり、『スペイン語ですよね』と声をかけられたりしていました。マスクを着用されていましたが、愛子さまの弾むような笑顔が伝わってくるようでした」(学習院関係者)