埼玉県白岡市にある田畑が広がるのどかな住宅街。1月18日、1人の少年が凄惨な死を遂げた。死因は、頭に強い衝撃を受けたとみられる急性硬膜下血腫。顔や身体には複数の痣があり、あばらや腕は骨折していた。県警は何者かが少年を暴行したとして傷害致死容疑で捜査をしている。 


事件現場周辺は騒然とした様子だった ©文藝春秋 撮影:上田康太郎

 死亡した少年は加藤颯太くん(15)。加藤家は、地元でも有名な8人きょうだいの大家族だった。

「15日の午前4時50分ごろ、自宅リビングの布団の上で意識がもうろうとしている颯太くんを母親が発見、119番通報した。その後、病院に搬送されたが18日に死亡が確認されました。母親は、颯太くんが1月15日の数日前に『ケガをして帰宅した』と説明しているが、先月も足をひきずって歩く颯太くんの姿が近隣で目撃されており、県警は事件との関連を捜査している」(社会部記者)

仲良く自宅周辺で遊ぶ大家族に何が…?

 一家が白岡市に引っ越してきたのは約5年前。子どもたちは毎日元気に自宅周辺を遊びまわり、長男の颯太くんは面倒見のよい兄だったという。

「母親は今風の綺麗で、おだやかなお母さん。たくさんの子どもたちをカルガモみたいに引き連れて、近所の自販機でよくジュースを買っていました。颯太くんの上には高校生くらいの年齢のお姉さんがいる。

 下には次男や女の子が続き、一番下はまだ幼児かな。颯太くんはすれ違うと必ず頭をさげてくれる感じのいい子でしたが、今年になってから見かけなくなっていました。心配している矢先の不幸だった」(近隣住民)

 また、颯太くんは母親と長年連れ添った内縁の夫であるA氏とも同居していたという。

「Aさんとはてっきり結婚していると思っていました。大柄で、年齢は50歳前後くらい。昔は運転手をしていたようです。ただ、最近は家にいることも多く、何をしていたかはわかりませんが、稼ぎもあったのでしょう。ピカピカのごついハイエースに乗っていました。

 Aさんと子どもたちで一緒に車でラーメン屋に来ていたのを見たことがありますが、子どもたちにも父親らしく接していました」(別の近隣住民)