日常的に車を運転していれば、歩行者や自転車による「危険な飛び出し」を目にすることもあるだろう。「危ないなぁ」と思いながらも、万が一衝突でもしようものなら、こっちが悪者になってしまう――こうした意識は、多くのドライバーに共通するものではないか。

 もちろん、車を運転する際には、それが「凶器」となりうる意識をつねに持っておく必要がある。一方で、脆弱な立場に置かれる歩行者や自転車も、自らの身を守るうえでは交通ルールを遵守する意識が求められる。とりわけ自転車は、道路交通法において「軽車両」として扱われるため、一時停止や左側通行、夜間のライト点灯といったルールに従わなくてはならない。

 今年4月、信号機のない交差点で、優先道路側を走っていた車が、一時停止側から通行してきた自転車に衝突し、自転車に乗っていた小学生が死亡する事故が起きた。形態を同じくする死亡事故は5月にも起きており、異なる交通主体間の意識のギャップが危険な状況を引き起こすケースは後を絶たない。

 意識のギャップを埋めるうえでは、「自身の動きが相手からどう見えるのか」を知ることが重要だ。今回は自動車や自転車の運転を業とする人々にインタビューを行い、区分の異なる交通主体に対して「危険に思う瞬間」を挙げてもらった。加えて、損害保険会社のスタッフから、事故が起きた場合の過失割合についても話を聞いた。

(※記事内に示される過失割合は一例であり、実際に算定される割合は事故状況により変動します)


©iStock.com

◆ ◆ ◆

車と自転車の事故、半数が「交差点での出会い頭」

 区分の異なる交通主体間の事故において、大きな割合を占めるのが「自転車と自動車」の事故である。

 警察庁の統計によれば、2021年中に発生した交通事故のうち、自転車が関与したものは約23%であり、うち約79%が自動車相手の事故である。

 事故の形態としては、自転車事故の約半数が「出会い頭」での衝突だ。主に交差点で、異なる方向から進行してきた車両同士が接触する形である。実際に、車・自転車を問わず、信号機のない交差点などでヒヤッとした経験のある人は多いだろう。

 交差点における自転車事故のリスクは、プロのドライバーにとっても悩みの種だ。タクシードライバー歴10年のTさんはこう語る。

「学校の近くとか、住宅街はやっぱり気を遣いますね。もちろん信号がない交差点は怖いですよ。自転車が一時停止側から減速せずに飛び出してくることもありますから、カーブミラーなんかも確認しつつ、止まれる準備をしとかなきゃいけないですよね。