「おいおいおい」

 同じ会社に勤める男たちが集まった飲み会で、1人がスマホに映した画像に周囲は色めきだった。

 今年3月、神戸市内の居酒屋でのことだ。画面に現れた裸の女性を、のぞき込んだ誰もが知っていた。

 それもそのはずだ。女性は彼らが職場を共にする、まだ当時20歳の同僚だった。そして、明らかに盗撮されたものだった。


※写真はイメージ ©️iStock.com

女友達との小旅行を楽しんでいたはずが…

 写真が撮影されたのは飲み会から1年前の昨年4月。場所は、金沢だった。加賀百万石の歴史と風情を残す町並みが若い女性たちの「女子旅」に人気の観光地。近代アートを楽しめ、豊かな海と山の幸があり、関西からのアクセスも良い。

 Aさん(当時20歳)もまた、気の置けない女友達との小旅行を楽しんでいたはずだった。まさかホテルの脱衣所で、その友人から裸姿を盗撮されているとは夢にも思わなかっただろう。しかも、その写真は盗撮されただけでは済まず、勤務先の男性社員に流出していたのだから。

容疑者の男女は、2人とも某鉄道会社勤務の車掌

 事件が報じられたのは6月27日、兵庫県警須磨警察署が2人の男女を石川県迷惑防止条例違反(盗撮)などの疑いで逮捕していたと公表したのがきっかけだった。容疑者はB子(21)とC男(21)。2人とも、某鉄道会社の車掌で、同期入社だった。

 捜査関係者が背景を説明する。

「2人の逮捕は6月9日で、容疑が金沢での盗撮や。実際にカメラで撮る行為をしたのがB子で、彼女にその依頼をしたのがC男やね。ようは共謀したちゅうこと。Aさんも2人の同僚で、つまり加害者と被害者の全員が同じ会社の社員という関係になる」