「山口組広しといえど、天野ほど殺されかけた男もいるまい——。」

 1963年から1975年まで3代目山口組の最高幹部にあたる若頭補佐を務め、「伝説のヤクザ」としてその名を轟かせた、“ボンノ”のこと菅谷政雄氏。その菅谷氏の護衛を務め、“爆弾”として恐れられたのが、6代目山口組の直参だった天野組の天野洋志穂組長だ。

 ここでは、ノンフィクション作家の山平重樹氏が、天野洋志穂組長の半生を綴ったノンフィクションノベル『 爆弾と呼ばれた極道 ボンノ外伝 破天荒一代・天野洋志穂 』(徳間書店)から一部を抜粋。天野氏がある女性と出会い、結婚して、上京を決意するまでのエピソードを紹介する。(全2回の1回目/ 2回目に続く )

◆◆◆

長居駅近くの喫茶店で6歳年下の女性・克子と出会う

 昭和44年3月、20代最後となる年に、天野は1人の女性と巡りあった。

 長谷川克子という6歳年下の23歳、京都出身の女だった。

 御堂筋線の長居駅(大阪市住吉区長居)近くにある「ロータス」という喫茶店で、その姿を見たのが始まりであった。


天野洋志穂氏(『爆弾と呼ばれた極道 ボンノ外伝 破天荒一代・天野洋志穂』より)

 天野がその喫茶店に1人でブラッと立ち寄ったのは、たまたま近くの知人宅に用事で行った帰りだった。

 誰かと待ちあわせていたわけでもなく、夕方のほんのひとときを過ごそうとして、なんとなしに選んだ店であった。

 店の奥の席に腰をおろし、フッとまわりを見わたすと、近くに座る1人の女が目についた。若い女性だけの3人グループの1人であったが、彼女しか目に入らなかったのは、ひと際きれいだったからだ。

 それが克子との出会いであった。

〈おお、ええ女やなあ〉

 御多分に漏れず、天野の第一印象もまた、他の大方の男たちと同様のものだった。

 天野が少なからずびっくりしたのは、そのとき彼女たちが行っているゲームの正体を知ったときであった。