9月27日、参院選期間中に凶弾に斃れた安倍晋三さんの国葬がしめやかに行われていました。豪運のように見えた安倍さんの壮絶な最期には、驚きとともに悼む気持ちでいっぱいです。

 私の実家の近くでは、左翼の皆さんが集まって太鼓打ち鳴らしてお昼寝中の長女(3歳)を叩き起こすなど面倒くさいことになっていましたが、元気があってよろしいと感じます。

 巷では、安倍さんの葬儀に献花をするために数時間並んだ国民の数と、官邸前や新宿などで集まった反国葬の左翼とのどっちが人数多かったかで論争が起きているようですが、ぶっちゃけ賛成もあり、反対もあったってことでいいじゃねえかと思うんですが、なぜどっちが多いかで競り合ってるんでしょう。賛否両論ありましたね、で済ませられない野鳥の会魂をお持ちなんでしょうか。

国葬による岸田政権の支持率の低下

 一方で、なにぶん統一教会問題でかねて万単位の日本人の人生と家庭を壊し、財産を寄付・献金の名目で巻き上げて韓国に送金することを暗に認めておきながら、どちらかと言えば国粋的な民族主義者の皆さまも含めたネトウヨの多くが安倍さん支持者であったことを思うと複雑な心境です。

 政治というのは白黒つけられない複雑な世界であって、国民が信じるような単純な世界観や人間性ではやっていけないのだと教えてくれたのが安倍晋三さんだったのだなあと思います。いまなお右派が安倍さんのなしてきたことの真実を受け入れることのできないまま、認知的不協和の極みで混乱をしているようにさえ見えます。


©JMPA

 生きている側からすれば、故人が何を考え、どうであったかにかかわらず、目の前の現実に対処して生きていかなければなりません。国葬儀をやっている横では静岡で多難な水害があり、その静岡の県知事をめぐっても別の意味で国難が起きていたわけですが、振り返ると岸田文雄政権の目を覆わんばかりの支持率の低下は「参院選後、3年間は国政選挙のような大きな選挙はないのだ」とフリーハンドを謳歌するはずだった岸田官邸の政策遂行能力に大きな傷をつけてしまっています。

東京オリンピック汚職が名物創業者の逮捕劇にまで発展

 それもこれも、この安倍さん国葬の問題と、その背景にあった統一教会にまつわる事件や経済政策の根幹である成長戦略不在と構造改革の遅れが関係するインフレ・物価高と並んで、大きな国際的スキャンダルに発展した東京オリンピック汚職が背景にあると言えます。

 文春他マスコミでも繰り返し報じていますが、東京オリンピックをめぐる五輪組織委員会元理事・高橋治之さんおよびその周辺の受託収賄と企業側の贈賄とによるおカネの流れが明らかになるたび、「そもそも安倍晋三さん、菅義偉さんが総理の座にあるうちにすでに問題だと指摘されてきていたのに、なぜ彼らが権力の座から去ったあと岸田政権になってからこの問題が大きく弾けることになったのか」は強く問われなければならないと思うんですよ。