身長180センチと体格のよい男が、老女の髪を掴み、引きずり回す。木の枝をへし折るように両腕を骨折させてなお、顔面を力任せに殴打し続けた。

 残虐な暴行は、約20分にも及んだ。介護職員の菊池隆容疑者(50)が我に返った時、要介護4の山野辺陽子さん(92)は、ピクリとも動かなくなっていた。

腕のほか胸椎も折れ、熱傷の痕もあった

 現場は東京都北区にある特別養護老人ホーム「浮間こひつじ園」の1階東側の個室。9月15日午後11時頃のことだ。

「被害者の死因は頸髄と脳幹の損傷とみられ、腕のほか、胸椎も折れていた。さらに、顔面から背中にかけて、ポットの熱湯を浴びせられてできた熱傷の痕があった」(捜査関係者)


亡くなった山野辺さん(遺族提供)

 この日、午後10時から翌日朝7時までの夜勤シフトに入っていた菊池は、犯行後に施設から逃走。

「昔、住んだり行ったことのある場所を通って、北海道に行って死のう」

 そう考えたという菊池は16日未明、コンビニのATMなどで現金90万円を下ろすと、電車を小刻みに乗り継ぎ、本州を北上していく。事件から1週間後の22日、警視庁は公開手配に踏み切った。

近隣住民「夫婦揃ってギャンブル好きな菊池さん」

 菊池は1972年2月、神奈川県川崎市で生を享けた。その後、一家が暮らしたのは、横浜市内のアパート。近隣住民が振り返る。