『東スポ』でお馴染みの東京スポーツ新聞社。同社取締役のX氏(52)が元婚約者の女性と金銭トラブルになり、その過程で公私混同の経費精算が明るみになっているという。

49歳で取締役に抜擢

 X氏は3年前、若くして東スポの取締役に就いた人物。

「記者経験はありませんが敏腕で、40代前半で営業局長になり、49歳で取締役に抜擢された。社のイベントで表彰状を渡すこともあります」(東スポ社員)


独自の切り口でお馴染みの『東スポ』だが…

 このX氏と交際していたのが18歳年下のA子さんだ。A子さん本人が語る。

「出会ったのは2016年8月です。共通の知人が経営する飲食店で隣の席になった時、東スポの紙面を広げながら話をしてくれて。盛り上げ上手な人で、面白いなと」

 翌月には一緒にプロレスを観戦するなど、友人関係がスタートしたが、当時、X氏には妻がいた。

「奥様は17年1月にご病気で亡くなられました。その後、熱心に連絡を貰い、8月に『(奥さんの)喪が明けた後に結婚しよう』と言われ、押しに負け、交際し始めました」(同前)

2万円ほどの距離もタクシーチケットでお見送り

 二人がデートで行くのは寿司屋、焼肉屋、ホテルのレストランなど高級店が多かったという。

「彼は『会社の経費が使える』と言って、よく領収書を貰っていました。タクシーチケットで2万円ほどかかる私の家まで帰してもくれた。名古屋出張にも一緒に同行し、同じホテルに泊まりました」(同前)

 彼から「自由に使っていい」と渡されたというタクシーチケットを確認すると、確かに社名とX氏の捺印がある。

「彼に『近くに引っ越して欲しい。家賃補助として毎月2万円支払う』と言われました。結婚も控えていましたので、引っ越すことを決めました」(同前)

 だがその後、A子さんは徐々に精神的に追い詰められていってしまったという。