「売春を取り締まる個人的な捜査をしていた」

 不可解な供述を繰り返すのは、女性をレイプした疑いで逮捕された警視正の男。異様な犯行手口のウラには、ある経歴が――。

◆ ◆ ◆

『実は警察なんだよ』アプリで知り合った女性に性的暴行

 広島県警は7日、中国四国管区警察局の警察学校指導部長で、岡山県警から出向していた岩本幸一警視正(58)を不同意性交などの疑いで逮捕した。

「被害に遭ったのは今年9月、アプリで知り合った初対面の20代女性。『パパ活』名目のデートだったとみられます。ホテルに入ると、岩本はおもむろに上着の中に着込んだ制服と階級章を見せ、『実は警察なんだよ』と明かし、犯行に及んだようです」(地元メディア記者)

 岩本は「売春を捜査する部署にいる。これは犯罪になる」などの言葉で女性を脅し、性的に暴行。更に「2度と売春しない」と誓わせる「始末書」を女性に書かせたと報じられている。

『警部』の壁を30代の若さで突破した叩き上げの警視正

 岩本は取り調べに対し、否認を続けている。

「警察学校の部長に売春の捜査権限はないため、供述も不可解。関係先からは複数の『始末書』が押収されており、余罪も疑われている」(同前)

 警察権力を笠に着た悪質かつ卑劣な罪を犯した岩本とはどのような男か。ある県警関係者はこう証言する。

「彼の経歴は同期や同世代でトップクラスに華麗なものです」

 1984年、岡山県立成羽(なりわ)高校普通科を出た岩本は、高卒で県警に就職した。

「『巡査』から昇進していった完全な叩き上げ。最終階級が『警部補』止まりの警察官も多い中、昇進には人格なども考慮される『警部』の壁を30代の若さで突破した」(同前)