〈 「オーバードーズするならヤツから買え」女装していつも“キマッてた”トー横のパンダ(21)逮捕「歌舞伎町からクスリの転売ヤーが減らない理由」 〉から続く

 新宿・歌舞伎町の路上にたまる、通称「トー横キッズ」の高橋光夢容疑者(21)ほか高校生の男女など計4人が、オーバードーズをしたい未成年に違法に市販の咳止め薬を売りさばき、逮捕された事件。4人は風邪薬を定価の半額以下で無許可販売したとみられ、高橋の自宅などからは咳止め薬2000錠が見つかった。


歌舞伎町

「パンダ」と呼ばれていた高橋容疑者

「高橋容疑者はトー横で『俺がここらへんで一番安く売っている』などとふれ回り、『オーバードーズするためじゃないと売らないよ』と言って男女に市販薬を売りさばいたといいます。他にも、警察の調べに対して『これまで10人ぐらいに1000円で販売した』『オーバードーズの人に医薬品を売ってくれと頼まれた』などと供述しているようです」(社会部記者)

 パンダのデザインのリュックを背負っていたことから、トー横内で「パンダ」と呼ばれていた高橋。死者を出すまでになった、トー横に蔓延するオーバードーズの危険な実態は ♯1 でも触れた通りだ。

 大量の市販薬を持ち歩く「パンダ」の姿は、トー横内においてもかなり異様に映ったようだ。トー横関係者が話す。