〈 「骨はバラバラになって…」「近隣住民とタバコトラブル」山梨18歳女性遺棄 逮捕された30歳男は「妻と子供は姿を消した」 〉から続く

「あいつは揉め事を起こすようなヤツじゃなかったんです。ちゃんと心を持った人間だと信じていました。それでも今回、こんなことをしてしまって、本人には大馬鹿野郎と言ってやりたいです……」

 こう語るのは、遺体となって発見された野本結梨香さん(18)の交際相手で、12月1日に死体遺棄の疑いで警視庁に逮捕された江戸川区の渥美遼馬容疑者(31)の義父である。

車には野本さんのものと思われる血痕が

 江戸川区在住の野本さんが見つかったのは11月27日のこと。山梨県小菅村の山中にあったのは、全身バラバラで白骨化し、原形を留めていない彼女の姿だった。

「野本さんは6月7日に自宅を出てから、その行方がわからなくなっていました。10月下旬からは野本さんの通信アプリに家族や知人が連絡しても既読がつかなくなり、11月4日に行方不明届が提出された。まず捜査線上に浮上した八千代市の堀俊哉容疑者(30)を任意で聴取したところ、『今年6月上旬ごろに何かわからない物体を車で運搬した』と供述したため、付近を捜索すると野本さんの遺体が発見されました」(社会部記者)


堀容疑者のものと思われる車(本人SNSより)

 警視庁は遺体発見の翌28日に堀容疑者を逮捕。さらに調べを進めると、彼が使用していた車は、野本さんと交際していた渥美容疑者が知人から借りたものであり、後部座席からは野本さんのものと思われる血痕が見つかっていた。