〈 「同級生の男の子を無理やり…」父からの凄惨DV、家に火をつけ…マッシュルームカットの少年が“パンチパーマの暴君”に変貌するまで〈山梨18歳バラバラ死体遺棄〉 〉から続く

「深夜の2時ごろに3人から5人ぐらいで、渥美にいつも行きつけのカラオケスナックの前に配車アプリで呼ばれるんですよ。彼は店を出る時には『ご馳走様でした!』なんてママにペコペコ頭を下げているんですが、車に乗ると豹変。同席した後輩に先輩面で悪態をついてみたり、最短で道を走っているのに『どこ走ってんだよ!』と私に大声を出してきたりで、後輩に『やめてくださいよ』となだめられてました。

 もし暴言だけでなく手まで出してきたらすぐに交番に行くつもりで、なんとか怒りを押し殺し、彼が住むボロボロの自宅に送り届けていました」(渥美遼馬容疑者を知るタクシー運転手)

遺体を車で運び捨てた容疑で逮捕

 山梨県小菅村の山中から、今年6月から行方不明となっていた白骨化した野本結梨香さん(当時18)の遺体が発見されたのは11月27日のこと。警視庁は野本さんの遺体を車で運び捨てたとして、堀俊哉容疑者(30)を死体遺棄容疑で発見翌日の28日に逮捕した。


堀俊哉容疑者 ©時事通信社

 また堀容疑者の高校時代の同級生とされ、野本さんの交際相手だった渥美遼馬容疑者(31)を同容疑で12月1日に逮捕した。

「堀は渥美に依頼され、『何かわからない物体を車で運搬した』と供述しています。犯行に使用した車の後部座席からは野本さんのものと思われる血痕が発見されているほか、渥美の自宅からは野本さんの血液が付着した靴が発見されています。警視庁は今後、2人の殺人容疑での立件を視野に捜査を進めています」(社会部記者)

 父親が日常的に暴力をふるう家庭で生まれ育ち、中学時代にはクラスで目立つ存在ではなかったものの、同級生の家で“火災トラブル”を起こしていたことは 第3弾 で報じた通りだ。その後、家業の防水工事の仕事で生計を立てながら、2年前には近所の飲食店で知り合った、一回り年上の40代女性と結婚。渥美が自宅から程近い、古びた商店街のスナックをハシゴし、趣味のカラオケを楽しむ姿は複数の常連たちに目撃されている。

「みんなに息子のように可愛がられていた」

「店のママたちとも打ち解けていたし、奥さんを連れて飲み歩くこともあった。奥さんはある事情で地元の九州に帰ってしまったけれど、遼馬は最初のうちは九州にまで足を延ばし会いにいくこともあったんだよ。歳の割には古い歌を歌うし、年配の常連から可愛がられていた。たしかにカッとなる一面はあって、奥さんに暴力をふるったと聞いたことはあるが、報道されているような根っからの悪人なんかじゃない。みんなに息子のように可愛がられていた」(渥美容疑者の行きつけのスナックの常連)

 昭和風の地元スナックに溶け込んでいたという渥美。女性への手癖が特別悪いという評判もなく、18歳だった野本さんとどのようにして接点を持ったのか、首をかしげる常連も多い。