警察による人権侵害の中でも、歴史に残る不祥事となった。

 愛知県警は1日、岡崎署の留置場で昨年12月に勾留中の男性(当時43)を死亡させたとして、業務上過失致死や特別公務員暴行陵虐などの容疑で留置主任官の警部(46)ら当時署員だった9人を書類送検し、島崎浩志署長(60)を減給、警部を停職3カ月の懲戒処分とするなど、27人を処分。島崎署長と警部は同日、依願退職した。


処分発表で、頭を下げる平松伸二愛知県警警務部長

 全国紙社会部記者が語る。

「男性は公務執行妨害容疑で逮捕されて岡崎署に留置されていました。ただ精神疾患があり、大声を出すなどしたため、警部らはベルト手錠と捕縄を使うなどした。ですが、男性は1週間あまりの勾留中に死亡。警部らが男性に暴行を加えるなどした疑いが浮上し、県警が岡崎署に異例の家宅捜索に入るなど、“身内の恥”の洗い出しに乗り出していました」

男性が倒れ、頭を便器に突っ込んだ状態になっているのを放置

 書類送検と同日に公表された県警による検証結果はおぞましい話のオンパレードだった。

 男性が倒れ、頭を便器に突っ込んだ状態になっているのを放置した。頭の入った状態で便器の水を流した。便器にそのまま排泄物を放置した――。

 江戸時代の下手人ですら、かくもひどい仕打ちを受けたであろうか、と耳を疑いたくなる内容だった。