12月7日、フィリピンを拠点にした特殊詐欺組織“ルフィグループ”のメンバーだった熊井ひとみ被告(26)に懲役2年の実刑判決が言い渡された。熊井被告は、高齢女性に虚偽の電話をかけ、キャッシュカードを盗み、およそ410万円の現金を引き出した窃盗の罪に問われている。

 ともに逮捕された藤田海里(24)とは内縁関係にあり、今年5月の強制送還後は妊娠を理由に釈放されていた熊井。彼らが法廷で供述した“フィリピン悪夢の3年半”とは――。交際相手である藤田の初公判を報じた「 週刊文春 」の記事を再公開する。(初出=2023年10月1日/年齢・肩書きは当時のまま)。

◆◆◆

 今年5月24日午後3時半、フィリピンから成田空港に男女4人が降り立った。オーバーサイズの白色パーカーを目深に被り、ゆっくりと歩を進める女性は時折、腹部を気にする素振りを見せる。渡辺優樹(39)を頂点とする特殊詐欺組織“ルフィグループ”のメンバーだった熊井ひとみ(26)だ。

「この日、男女4人は金融庁職員や警察官などになりすまし、高齢女性宅に虚偽の電話をかけ、キャッシュカードを3〜5枚盗んだ容疑で逮捕されました。彼らはフィリピン国内から詐欺の電話をかける“かけ子”として活動していたのです」(社会部記者) 


熊井容疑者

 熊井と共に逮捕されたのが、交際相手である藤田海里(24)。藤田は「オオクラ」と名乗り、3チームのうちの1つを束ねるグループリーダーを任されていた。逮捕後、藤田は取り調べに黙秘を貫いたが、9月26日に行われた初公判では一転。容疑を認め、詐欺グループの恐怖支配や、熊井との関係について饒舌に語った。

「内縁の妻で、熊井ひとみさんがいます」

 東京地裁706号法廷の証言台に立った弁護人から「配偶者はいますか」と聞かれた藤田は「内縁の妻で、熊井ひとみさんがいます」と証言。続いて、次のように明かした。

「フィリピンに滞在している間は同棲していたんですが、子供の妊娠が発覚した今年1月頃からは『ずっと一緒に暮らしていこう』と思って」

 そして前を見据え、こう宣言したのだ。

「罪を償ってから、その後、入籍したいなと思っています」