【来年の「桜を見る会」は中止】 官邸もコントロールできなかった「桜を見る会」参加者のブログ発信

 面白いコラムがあった。「日本の政治家は潔い?」である。11月5日の産経新聞でソウル駐在の黒田勝弘記者が書いていた。

 韓国メディアが日本の政治家を珍しくほめているという。何を?


「即位礼正殿の儀」に参列した安倍晋三首相夫妻

《夫人の公選法違反疑惑で引責辞任した河井克行前法相のことで、「任命責任」から国民にわびた安倍晋三首相もついでにほめられている。理由は韓国でも法相をめぐる“チョ・グク・スキャンダル”が大問題になっているからだ。そこで「日本人は潔い。それに比べるとわが国は何だ!」というわけだ。》

 読んでしみじみしてしまった。やはり、あのことわざは正しい。「隣の芝生は青く見える」。

 日本の法相は潔いのに韓国の法相は! というらしいけど、いえいえ、日本の河井前法相も辞めただけでまだ何も説明してませんから。国民にろくな説明をしていないという点では韓国も日本も同じ。それどころか河井氏の妻には新たにこんな報道が出てきた。

「河井案里氏、広島県議に現金か 春の選挙中、公選法違反指摘も」(中国新聞デジタル11月8日)

 韓国メディアがさらに感心するように夫婦揃って「潔い」説明を聞きたいものである。

河井前法相も、菅原前経産相もなぜ「説明」しない?

 だがここまで書いて思った。

 河井前法相も、菅原前経産相も「辞めただけでまだ何も説明はしていない」とつい思ってしまう。でももしかしたら、

「会見させてもらえない」

 のではないか? 官邸のアンダーコントロールで。

 それが強烈に匂うのは萩生田氏の件でわかる。次の記事を紹介する。


関連記事

おすすめ情報

文春オンラインの他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

政治 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

政治 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索

トップへ戻る