アメリカでは議会にトランプ支持者が雪崩れ込んで死傷者が出ておりますが、我が国では怖れていた緊急事態宣言が出てしまいました。昨年4月に出された前回の緊急事態宣言に比べると随分と緩みまくっているのが気になりますが、皆さん自粛してますか。(全2回の1回め/ 後編 を読む)

クソ会見を乱発した皆さんの総覧をしながら

 そんな状況に花を添えるように、東と西に分かれて自己顕示欲を抑えられない両知事の不毛なバカ発言が乱発されて、コロナそっちのけでエンターテイメントが提供されております。東京都知事の小池百合子さん、大阪府知事の吉村洋文さんほか、どさくさに紛れて余計なことをたくさんやり、たくさんテレビに出ようと宣言を乱発しておられる姿に「ああ、現代の政治家というのは中身はともかく騒いでナンボなんだな」と思わずにはいられません。


フリップを示す小池都知事 ©️AFLO

 それ以外にも、JR東海悲願のリニア中央新幹線を粉砕しようとする静岡県知事・川勝平太さんや、謎の知名度アップを狙う神奈川県知事・黒岩祐治さん、さらには知事失言界の新星として急浮上した石川県知事・谷本正憲さんなど、変な人たちがいっぱいいます。どうしてお前ら知事になってしまったの。一身に脚光を浴びて、ついに地方政治の時代が来たなと思わないでもありません。

 2020年2月以降、約1年にわたってクソ会見を乱発した皆さんの総覧をしながら、ステイホームさせられる我々の行く末を考えていきたいと思います!

(1)2020年3月25日 小池百合子都知事「感染爆発 重大局面」の謎フリップを示す

「10人台超えるとまずい」東京都、危機感強く外出自粛要請 封じ込め可否予断許さず(毎日新聞)
https://mainichi.jp/articles/20200325/k00/00m/040/322000c

 小池百合子さんの標語は「感染爆発 重大局面」。

 当時の安倍晋三政権があまりコロナ対策を踏み込んで行わない雰囲気のため、痺れを切らした我らが都知事・小池百合子さんが出てきてフリップ芸開始。言われてみれば、去年の3月で『ロックダウン』だ『東京封鎖』だと騒いでいたころは、まだ東京都で確認された1日の感染者数は10人とかだったんですね。

 東京での1日の新規感染者数が2,400人を超えちゃったいま、この時点でもっとちゃんと大騒ぎしておけば……と思うんですが、人間、慣れとは怖ろしいものでございます。

 いずれにせよ、重要な節目だったのは間違いないのですが、次々と思いつきで標語を打ち立てるのはやめましょう。