東京五輪が始まったのでいよいよ答え合わせができます。メダル獲得予想? いいえ、こちらです。

「夏に五輪をやって、お祭りムードのなかで総選挙」(自民党中堅・朝日新聞デジタル4月15日)


©iStock.com

 五輪が始まれば国民はお祭りムードになる。その高揚感で菅政権の人気もあがる。この手の政府・自民党のコメントが以前からあちこちで報道されていた。ちなみに上記は4月の記事。

 では始まってどうなったか。

『五輪で消えた自粛ムード』(毎日新聞7月30日)

 やはりお祭りムードになった。菅政権の見立て通りでした。さすがです。こんな記事もあった。

「五輪で『楽観バイアス』緊急事態宣言意味なさなく」(専門家・NHKニュース7月28日)

「楽観バイアス」とはオリンピックの開催でコロナを軽くみてしまうこと。ここでもポイントとして「五輪のお祭りムード」が指摘されています。

「楽観バイアス」を次々に確認

 実は五輪による「楽観バイアス」は政府・自民党でも次々に確認されています。時事ドットコム(7月27日)はメダルラッシュで国民の五輪祝福ムードが高まることを期待する声を報じた。

「雰囲気がいい」(自民党幹部)

「政権に追い風になればいい」(官邸幹部)

「内閣支持率が好転すれば衆院選も早くやってほしい」(自民党の閣僚経験者)

 皆さんうかつすぎてドキドキします。