最近“親ガチャ”という言葉が話題です。

 子供は親を選べない。それをランダム形式でおもちゃを購入する「ガチャガチャ」に例えたことばです。


©iStock.com

 親ガチャと聞いて思い出すのが政治の世界だ。2世・3世の世襲議員は当たり前。親ガチャどころかファミリーガチャで大当たりしている先生方がたくさん。最近ではこんな報道がありました。

『河野太郎ワクチン相 “ファミリー企業”から6700万円の献金を受けていた』 (文春オンライン 9月21日)

 河野氏の政治団体が、父・河野洋平が大株主で、弟・河野二郎が社長を務める「日本端子」から、少なくとも6700万円の献金を受け取っていることが文春の調査でわかった。選挙前にファミリー企業がバックアップしてくれるなんて恵まれている。他の議員からすれば「いいなぁ、親ガチャ」だろう。

親バカ・河野パパが「参院のドン」訪問

 河野氏と言えばこんな微笑ましいニュースも。

『父親として居ても立ってもいられず…悲願成就へ河野洋平氏、かつての「参院のドン」訪問』(読売新聞オンライン9月16日)

 河野家にとって首相の座は父の河野洋平(84)、祖父の河野一郎(故人)と、河野家3代にわたる悲願らしい。河野パパは青木幹雄氏の事務所を訪れた。青木氏はかつて「参院のドン」と呼ばれ、今も参院竹下派に影響力を残す。

《洋平氏は太郎氏の支持拡大に協力を求めたとみられる。周辺は「父親として居ても立ってもいられないようだ」と解説する。》(読売・同)

 ここまでくると親ガチャだけでなく親バカが加わる。至れり尽くせり。世襲政治家であることを否定し続けてきた河野太郎は見事な親ガチャ政治家だった。河野氏の総裁選キャッチコピーは「自民党を変え、政治を変える」。しかし「口では改革派のイメージを掲げても、中身は古い自民党そのもの」(週刊文春9 月30日号)。文春のいじわる。

 さて親ガチャ、ファミリーガチャと言えば興味深い案件がもう一つあった。