「あなたが敷いた土台のうえに、持続的で、すべての人が輝く包摂的な日本を、地域を、世界をつくっていくことを誓いとしてここに述べ、追悼の辞といたします。安倍さん、安倍総理。お疲れさまでした。そして、本当にありがとうございました。どうか、安らかにおやすみください」


日本武道館には大きな祭壇と安倍晋三元首相の遺影が設置された

 岸田文雄首相が日本武道館で安倍晋三元首相への追悼の辞を述べた頃、会場の外では国葬賛成派と反対派の怒号が飛び交う衝突が起こっていた――。

 安倍元首相が山上徹也容疑者の放った凶弾に倒れてから2カ月半。「故安倍晋三元首相 国葬儀」が東京都千代田区の日本武道館で行われた。首相経験者の国葬が行われるのは1967年の吉田茂氏以来55年ぶりとなる。

 9月27日の午前8時半、秋晴れの空の下、国葬の会場となる武道館近くの九段坂公園に設置された一般献花台へ向かう道には、すでに100人以上の行列ができていた。ほとんどの人が黒い服に身を包み、手提げ袋に白や黄色の花束を入れた人も多い。献花開始は10時である。

「今日は6時起きで福島からきました、最後に安倍さんにお礼をいいたくて。最前列の方は早朝の4時半くらいから並んでいたと聞いて驚きました」(60代女性)

 午前9時になると会場周辺の交通規制がスタート。規制線が敷かれ、武道館を囲んで警察の車両とレンタカーバスがバリケードのように何十台も駐車されていた。会場周辺の地下鉄の出入り口や道路にも多くの警官が配置され、物々しい雰囲気に。地元に住む70代の男性はあまりの警官の多さに「こんなにいてどうするのさ……。いくらかかるんだ」と不満を漏らしていた。

「“国葬反対”の人たちに女性が食って掛かって…」

 警察庁によれば、国葬にあてられた警備員の数は2万人規模だという。安倍元首相が銃撃された事件を教訓に、要人警護の方針を見直した後の大規模なイベントとあって、警備体制は極めて厳重だった。

 前日にはマンホールや皇居のお堀の中まで不審物をチェック。当日は、献花台へ向かう途中に持ち物検査場が設置され、多くの警察官が待機する中で厳しい手荷物確認が行われた。

 あまりの行列ゆえか、当初の予定より30分早い午前9時30分から献花が開始され、白いテント内に設置された2カ所の献花台に絶え間なく人が吸い込まれていく。

「2時間並んでようやく献花できました。大きなトラブルはなかったのですが、周囲に国葬反対というプラカードを持った人が声をあげたり、鈴木エイトさんの本を持ってビラを配っている活動家っぽい人も。その“国葬反対”の人たちに女性が食って掛かって警官に取り囲まれたりもしていて、不安になりました」(50代女性)