岸田内閣の主要閣僚で、次の総理候補の一人でもある西村康稔経産相(61)が、今年10月に行政罰の過料を科されていたことが「 週刊文春 」の取材で分かった。

 事件の舞台となったのは、兵庫県土地改良事業団体連合会。一体、どのような組織なのか。


西村康稔経産大臣 ©時事通信社

神戸地方裁判所からの通知が西村氏の自宅に届く

「土地改良連合会は、土地改良事業の指導などを行う公法人で、西村氏は当選2期目の2008年から会長を務めています。土地改良法改正に伴い、同連合会の『目的』の一部が変わり、その変更登記を2022年6月2日から2週間以内にする必要があった。それを怠り、会長の西村氏の責任が問われたのです」(西村事務所関係者)

 今年、10月中旬、兵庫県明石市にある西村氏の自宅に、1通の薄い封筒が届いた。送り主は神戸地方裁判所明石支部。その中には、次のようなことが書かれていた。

〈令和5年(ホ)××号 土地改良法違反事件〉

〈名称 兵庫県土地改良事業団体連合会/住所 兵庫県明石市××(註・西村氏の自宅住所)/被審人 西村康稔〉

〈主文〉には〈被審人を過料金3000円に処する〉