運営経費の膨張などが指摘されている2025年の大阪・関西万博を巡り、「日本維新の会」の遠藤敬国会対策委員長(55)が「 週刊文春 」の直撃取材に対し、「リングは余計と言われたら余計」などと語った。万博会場の大屋根(木造リング)については、約350億円という高額な整備費が問題視されているだけに、遠藤氏の発言は波紋を呼びそうだ。

 遠藤氏は飲食店経営などを経て2012年の衆院選に大阪18区から出馬し、初当選。2015年から現在まで国対委員長の要職にある。一方、日本維新の会は、党共同代表の吉村洋文大阪府知事を中心に大阪万博の開催を推進してきた。だが、会場整備費が当初計画の1.9倍となる2350億円まで膨れ上がっていることなどを受け、国民の間では批判の声も高まりつつある。


知事2期目の吉村氏 ©時事通信社

「三重苦、四重苦ですよね」

 果たして、維新の最高幹部で、「大阪・関西万博を成功させる国会議員連盟」の事務局次長も務める遠藤氏はどのように受け止めているのか。11月25日、電話で話を聞いた。

――事業費がさらに増額されるとも。

「費用対効果がどれだけかっていう感じ。やったことが悪いと言われたら、それ以上のことは何も言いようがないよね。だっていま、お家建てるのに、元々の見積もりの金額じゃ絶対できへんのが多いからな」

――岸田文雄首相は11月22日の国会で「これ以上増額しない」と言い切っていたが。

「せやなぁ。世の中全部そうなっているって、有権者の話を聞いていると思うよね。人はおらんし、建築資材が間に合わんし、高なってるし。三重苦、四重苦ですよね。でも『約束した金額でやるんとちゃうんか』と言われたら、『そうなんだけど……』と言わざるを得ない。『物価高なのでやめた』とは、なかなか言いにくい。未来永劫、日本が世界を巻き込むイベントに名乗りをあげるということができなくなる」