《密着スクープ連載》大船渡佐々木 登板回避の真相「勝ちにこだわらない迷采配」が生んだ深い溝

 甲子園が後半戦を迎える中、ファンの間で燻り続けるのが、163キロ右腕、大船渡高校・佐々木朗希(ろうき・3年)投手の岩手県大会決勝での登板回避問題だ。その是非は日本中で議論を巻き起こし、球数制限の導入問題など、今後の高校球界のあり方も問われる事態へと発展している。

 しかし、大船渡・國保陽平監督の決断の是非を問う以前に、前提として知るべき“緊急事態”がチームには起きていた。春から佐々木投手の密着取材を続ける、ノンフィクションライターの柳川悠二氏が描く、佐々木の登板回避の裏にあった真実とは――。

(全3回中の1回目)

◆◆◆


岩手県大会で取材に答える大船渡・佐々木投手  ©文藝春秋

あり得ない起用法ではなかった

 101回目の夏の全国高等学校野球選手権大会が終盤に差し掛かっても、いまだ“事件”の賛否を問う声は消えない。7月25日の岩手大会決勝において、令和の怪物こと大船渡・佐々木朗希に対し、同校の國保陽平監督(32)が登板を回避させたあの件である。

 張本勲氏とダルビッシュ有(カブス)の舌戦こそ休戦に入ったが、高校球児の投球過多にやたらと神経を尖らせるジャーナリストが、こうかく沫を飛ばすように、高校野球に一石を投じた英断だと持論を展開する。だが、テレビやスポーツ紙の表面的な情報だけで、物見遊山の識者が國保采配の議論に加わることには、強い抵抗を覚える。

 私はこの春のU−18侍ジャパン第一次候補合宿から、佐々木と大船渡の動向を追い続けてきた。163キロを記録した代表合宿から大船渡に帰って来てからというもの、國保監督は国内外のスカウトや報道陣、大勢のファンが訪れようが、「163キロに耐えうる身体ではない」と第一に佐々木の右肩・右ヒジの負担を考慮し、登板する時には力を加減した投球を指示し、登板させないことも多かった。

 もちろん、甲子園切符の懸かった岩手大会の決勝で佐々木をまったく起用しないというのは驚きでしかなかったが、國保監督の采配を取材していれば、あり得ない起用法ではなかった。

 問題の本質は、登板回避の是非ではない。

 國保監督と、佐々木や佐々木と共に甲子園に行こうと大船渡に集まったナインとの信頼関係が、決勝の段階で完全に崩壊してしまっていたという強い疑念があるのだ。それは現場に居合わせなければ気づけない暗澹たる空気だった。


関連記事

おすすめ情報

文春オンラインの他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索