「じゃあ、誰がいいんですか」 コーチ退任に協会は…中田久美前監督が初めて語った女子バレー“五輪の敗因” から続く

  “初の五輪女性監督”として中田久美氏(56)が指揮を執り、東京五輪を戦ったバレーボール女子日本代表。だが、結果は25年ぶりの予選ラウンド敗退。1勝4敗で全12チーム中、10位に終わった。中田氏は8月末日で監督を退任し、「不本意な結果となったことを大変申し訳なく思っています」とコメント。後任は2012年のロンドン五輪で日本を銅メダルに導いた真鍋政義氏(58)が復帰する。

 日本の女子バレーは1964年の東京五輪で金メダルを獲得。「東洋の魔女」と呼ばれ、世界を驚かせた。中田氏は2017年の監督就任以来、その黄金時代再来を目指し、「伝説に残るチームを作る」と繰り返し語ってきた。

 夢叶わずに終わった東京五輪。中田氏はその結果をどのように受け止めているのか。ドミニカ共和国との最終戦に敗れて以降、表舞台から姿を消していた中田氏が、現在の心境と当時の苦悩を初めて告白した。(全3回の2回目/ #3 へ続く)


選手たちへの思いを語る中田久美前監督 ©文藝春秋

◆◆◆

「想定外」だった新鍋理沙と佐藤美弥の引退

――コロナ禍で五輪が1年延期になった影響はありましたか。

中田 選手のモチベーションが一番心配でした。五輪が本当に開催されるかどうかも分からない中で、当然、合宿も中止。選手達は所属チームでの活動となったので、コンディションを含めての状態を細かく把握できなくなってしまい、そこは心配ではありましたね。

 東京五輪での活躍を期待していた新鍋理沙選手(31)とセッターの佐藤美弥選手(31)の引退で、戦術の見直しも強いられました。新鍋選手は攻守に優れた職人肌の選手だし、佐藤選手は日本が追求してきたテンポの良い速いバレーを武器としていた。中心選手二人の引退は想定外でした。しかし二人ともずっと怪我を抱えていたこともあり、バレー後の人生もあり引き留めはしませんでしたけど、改めてアスリートにとっての1年は大きいと感じました。

籾井あきは五輪が「延びてなかったら招集はなかった」

中田 その一方で朗報もありました。長岡望悠選手(30)と島村春世選手(29)の大怪我からの復帰です。そして若手の台頭。石川真佑選手(21)は2019年のW杯から出場させていますが、セッターの籾井あき選手(21)は1年延びてなかったら招集はなかった。