5月7日の朝9時半。西東京の室内練習場で黙々とティーバッティングを続ける丸刈りの球児がいた。180センチ、90キロの体格で、高校2年生ながらプロも注目するA君だ。実は彼は名門・横浜高校野球部を退部したばかり。原因は監督の“パワハラ”だという。


昨夏の第103回全国高校野球神奈川大会で優勝した横浜高校

◆ ◆ ◆

「何故こんな事に…」A君の父親が語る顛末

 A君の父は投手として巨人や西武に在籍した小野剛(ごう)氏(44)だ。A君は中学時代からスラッガーとして活躍。

「大谷翔平の恩師・花巻東高の佐々木洋監督や地元の強豪・花咲徳栄高も強く誘ったほど」(スポーツ紙記者)

 横浜高を選んだ決め手は、村田浩明監督の手紙だった。

 同校出身の村田監督は、楽天の涌井秀章投手とバッテリーを組み、春の甲子園で準優勝。大学卒業後は、別の高校の監督を務めていた。だが2019年、当時の横浜高・平田徹監督がパワハラで解任されると、恩師の渡辺元智氏に請われ、翌年、監督に就任した。小野氏が振り返る。

「熱意と誠意を感じるお手紙で、特待生として迎え入れてくださった。それが何故こんな事に……」