JRAの女性騎手・藤田菜七子(24)が20代後半の競馬関係者と交際していることが、「 週刊文春 」の取材でわかった。

 藤田がJRA史上7人目の女性騎手となったのは2016年、18歳の時のことだ。16年ぶりとなる女性騎手の誕生と、その可憐なルックスも相まって、たちまち“菜七子フィーバー”が巻き起こった。3月に迎えたデビュー戦には63社、137人もの報道陣が詰めかけた。競馬担当記者が語る。


出身も美浦のある茨城県 ©文藝春秋

「これまで女性騎手が成し得なかったGⅠ騎乗、重賞制覇など、次々と女性騎手のレコードを塗り替えていったのです。19年には獲得賞金額は6億円を超え、年収も6千万円を突破。そして、20年にはJRA通算100勝を達成しました」

 だが、二度にわたる骨折の影響もあり、19年の43勝をピークに、ここ2年の年間勝利数は右肩下がり。

「スランプに陥った藤田が考えたのが、拠点である茨城県の美浦トレーニング・センターを離れ、“武者修行”に出ることでした。今年3月、単身で滋賀県の栗東トレーニング・センターに乗り込みます。当初は2カ月間の予定でしたが、1カ月半延長。計3カ月半の修行となりました」(同前)

 栗東ではどんな様子だったのか。

「栗東に来てすぐ、彼女は周囲に『彼氏はいないんですよ〜』などと言っていたんです。彼女は愛嬌があって、みんなに可愛がられるタイプ。関西競馬界に顔を売るのも大事な仕事のうちなので、営業トークだったのでしょう」(競馬関係者)