今回は、昨今“ブラック校則”として取り上げられている「ツーブロックが校則で禁止」されている件について。様々なブラック校則が「何のために?」と議論される中、髪型に関する「ツーブロック禁止」については、不思議と美容師側の意見は出てきませんでした。

 ですので、美容師を代表して、私がツーブロック禁止がいかに不合理か、論じたいと思います。


©iStock.com

そもそも、ツーブロックとは?

 まず大前提として、「ツーブロック」はカットの技法であって、ヘアスタイルの名前ではありません。つまり、「刈り上げの仕方」の名前である、ということです。

「ツーブロック」とは、上図のように、刈り上げた下部分と上部分を繋げずに、髪のブロックが二つに分かれる状態のことを指します。耳上の部分でも後頭部でも、上下が分かれていればツーブロックと呼びます。分かれた上の髪の部分は、下の部分よりも長くなります。

ツーブロックは、むしろ清潔感アップ

「ツーブロック」は「耳周り」や「襟足」を短く刈り上げるため、清潔感のある印象になります。そのため、ビジネスヘアにも用いられますし、昨今のメンズヘアに定着しています。

 ちなみに、Twitter上には「現天皇陛下も、昭和天皇もツーブロックじゃん」などと指摘する沢山のツイートと画像が投稿されています。つまり、それほどフォーマルなヘアスタイルにも用いられているのです。

 そのため、この見た目が「校則違反」と言われても、我々美容師や理容師には理解し難いのです。「むしろ推奨するべきでは?」と考えています。

 つまるところ、ツーブロックだけでは学校が取り締まりたい“ワル”にはなれません。ですが、学校側の目線で見ると、ある時期に現れた「ツーブロック“ヘア”」なるものが“不良”っぽく、“イキった”印象であったから、取り締まるようになったのでは?と想像します。

 では、ツーブロックが校則違反になったきっかけは、どこにあったのでしょうか?

ツーブロックが生まれたのは90年代初め

 90年代初め、吉田栄作や福山雅治を筆頭に、前髪をセンター分けにするヘアスタイルが流行しました。この頃に前述の刈り上げ方が「ツーブロック」と呼ばれるようになった、とされています。

 当時流行したヘアスタイルは、上部分は長めですが下はスッキリしていて、今の流行に近いです。そして当時の彼らも、爽やかで清潔感に溢れています。

 このヘアスタイルを学校で禁止にするのは、少し不可解です。ですが、実は同じ頃に、「ツーブロック」の技法を使った別のヘアスタイルが広まっていました。