ある朝起きてみると、車庫から愛車が忽然と消えている――日本に暮らしていると、「車の盗難」はどこか別の世界の話のように聞こえるかもしれない。

 警察庁の発表によれば、2021年の自動車盗難認知件数は5182件。年々減少傾向にあるとはいえ、1日あたり14台もの車両が盗まれていることになる。車を盗まれるリスクは、思いのほか身近に潜んでいるものなのだ。

 そうは言っても、無数に車が存在するなか、自分の車が狙われることなどあるのだろうか。

 自動車盗難の実態や、適切な盗難対策について情報を発信する「日本カーセキュリティ協会」の代表であり、自らカーセキュリティショップ「A2M」を経営する攪上智久(かくあげともひさ)氏に話を聞いた。

 ※本記事は自動車盗難の実情を紹介し、防犯意識の向上に寄与することを目的とするものであり、犯罪の助長を意図するものではありません。


©iStock.com

「普通の車」も盗難のターゲットに

 まず、盗難被害に遭いやすい車とはどのようなものだろうか。日本損害保険協会が毎年発表している「自動車盗難事故実態調査結果」 においては、例年「ランドクルーザー」や「アルファード」、「ハイエース」といった車種が上位に並び、その傾向は今年も変わらない。

「高級車かどうか、というよりも、海外で高値で取り引きされる車が狙われますね。ランクルやレクサスといった車種のほかにも、価格が急騰している90年代のスポーツカーは被害に遭いやすいです」

 さらに、90年代に限らず、近年は生産が終了したスポーツカーがことごとく高値をつけている。軽自動車であっても、たとえばオープンカーのS660などは中古市場で300万円をつけることもあり、セキュリティ対策を行うオーナーも増えているという。

 一方で、普及価格帯の「普通の車」であれば盗まれる心配はないのかといえば、必ずしもそうではない。先の調査において「プリウス」は上位の常連だし、2019年には「アクア」や「ヴェゼル」など200万円〜300万円クラスの車種もトップ10にランクインしていた。

「プリウスはとにかくたくさん走っているので、何か悪いことしようと思ったらプリウスに乗っておけば目立たないですからね。あとは、ハイブリッドで音が出ないのもメリットになっているんだと思います」

 犯行用の車両として、流通量の多い車種も狙われているわけである。さらに、盗まれる車種には地域による傾向もあるらしい。