韓国の芸能界やスポーツ界を揺るがしている学暴(学校暴力=いじめ)論争が、なかなか収まらない。ドミノのように広がっている学暴スキャンダルの出発点だった女子バレーボール選手のイ・ジェヨン、イ・ダヨン双子姉妹が告訴を予告しており、中学時代の学暴が暴露されて主演ドラマから降板させられた俳優のジスは30億ウォンに上る損害賠償訴訟に巻き込まれた。

 4月5日、ケーブル放送の『チャンネルA』によると、イ・ジェヨン、イ・ダヨン両氏は、所属球団の興国生命の関係者と会い、学暴をめぐる法的対応の意思を明らかにした。姉妹らは暴露内容について、過ちを認めて反省しているとしながらも、「実際にしていないことも内容に含まれていて、これによる被害が大きいため、誤解を正そうと訴訟を準備している」そうだ。


発端となった韓国バレー「美人姉妹」、イ・ジェヨン選手(左)とイ・ダヨン選手 ©共同通信社

 その後、姉妹はスポーツ紙の『スポーツ東亜』のインタビューで、告訴の対象は過去のいじめを最初に暴露した被害者ではなく、ネット上で広がっているフェイク・ニュースの作成者や、事実の可否が確認されていない書き込みを広めた人、そして悪質な書き込みを繰り返し残した人だと明らかにした。これまで関連資料を収集し続け、約1万件の事例が集まったという。すなわち、インターネットユーザーを対象とする告訴と思われる。

巨額の損害賠償訴訟にも発展

 姉妹の告訴計画がメディアを通じて知られた後、ある市民団体は呉漢南(オ・ハンナム)韓国バレーボール協会会長を警察に告発した。団体は告発状で、「(双子の姉妹の学暴について)一部のマスコミの報道だけを根拠に、独自の真相調査も行わずに国家代表剥奪措置を下した」「双子の姉妹がプロのバレーボール選手としてこれ以上活動できないようにしたことは、“威力による業務妨害”であり、真実かどうかがあきらかにされていないまま国家代表の資格を剥奪したことは、選手に対する“名誉毀損”だけでなく、国民とバレーボールファンが立派な試合を見る機会を失う“権利行使妨害”に該当する」と主張した。

 別の市民団体『体育市民連帯』は、「一部の事実関係を正すという趣旨で告訴をする(双子の姉妹の)行為は、被害者を脅し、第2次、第3次加害行為を行う行為だ」という声明を発表するなど、イ・ジェヨン、ダヨン姉妹の学暴スキャンダルをめぐる社会的論議は、まだ収まる気配がない。

 一方、芸能界では学暴をめぐって巨額の訴訟が始まった。2020年、釜山国際映画祭で「今年の俳優賞」を受賞するなど、ライジングスターに浮上した俳優のジス(28)は、3月初め、中学時代の同級生から過去のいじめを暴露され、主演を務めたドラマ『月が昇る川』から電撃降板した。ところが、ドラマの制作会社であるビクトリーコンテンツ側が、ジスの所属事務所であるキーイーストを相手取り、30億ウォン(約2億9000万円)台の損害賠償訴訟を起こしたのだ。