「私がセラピーに行かなくていいように、セラピストから受けたアドバイスを教えて」

ツイッターユーザー @uhprome さんの投稿が拡散されました。

リプライ欄には、「これまでセラピストから受けた最高の助言」がたくさん寄せられています。その一部をご紹介します

※あくまでも個人の経験・個人のケースに基づいたアドバイスです。


「何か引っかかることがあれば、ちゃんと気持ちを伝えること」

Ponomariovamaria / Getty Images

「対立を生むためじゃなくて、今後『謝ってほしかった』『解決したかった』と思いながら人生を過ごさないように。相手はあなたが気にしているとも知らないかもしれないしね」

− @xxd3stini


「1杯のお茶を入れるなど、些細なセルフケアでも自分の価値を認識できる。自分が嫌いになってしまっている時は特に、意味のある行為」

Olga Strelnikova / Getty Images

− @hannahanjaesung


「言われてハッとしたのは『あなたがあなたのことを気にしているほど、他人はあなたのことを気にしていない』」

Malte Mueller / Getty Images

「厳しく聞こえるけど、心配事や考え過ぎには効く。気まずかった瞬間が頭から離れないってことない? 大丈夫、相手はもう忘れているよ」

− @sunandserotonin


「今までに言われていちばん響いたのは『私たちは傷つくような状況を何度も繰り返す。ただハッピーエンドにしたいだけなんだけど、意味はない。ただサイクルを繰り返すだけ』というアドバイス」

Andrzej Wojcicki / Getty Images

「それを明確に言ってくれて、人生が変わった」

− @pumpkinmush


「自分で幸せをつくり出す。自分が自分を照らす光になる」

Pishit / Getty Images

「人生の喜びを『増やして』くれる人がいるのはいいけれど、その存在に頼りすぎないで。そうすれば、その人が去ってもあなたの平穏は乱されない。あなたはその人がいなくても幸せだから」

− @ajsholiday


「あなたが境界線を引いて怒るような人たちは、あなたに境界線がなかったことで利益を得ていた人たち」

Malte Mueller / Getty Images

− @sieyesnegus


「自分の基準を下げないで、他人への期待値を下げて」

Malte Mueller / Getty Images

− @misslolax


「人は自分の不安を他人に投影する。それに気づくために、自分をひとりの人間として知るべき。いいところも悪いところも」

Francesco Carta Fotografo / Getty Images

「自分の嫌なところを認識したり、あなたを羨んだりして、あなたを貶めるためにできることをする人がいる」

− @littletonocare


「あなたは人間不信を抱えているんじゃない。それは過去の経験に対するトラウマ的な反応なの」

Maciej Toporowicz, Nyc / Getty Images

− @Alice99578890


「両足をしっかり地面につけて、両手を膝に置く。鼻から深く息を吸って、10秒止める。口から吐き出す。これを5分続ける」

Malte Mueller / Getty Images

「不安な時にいいよ。すごく集中している時、私は効いた」

− @awnyehk


「情に流されて、あなたにとって良くはない人たちと一緒にい続けないように」

Malte Mueller / Getty Images

− @PresilynHanson


「平凡でいい。ほとんどの人は平凡で、幸せで、満たされている」

Maria Voronovich / Getty Images

「嫌なことや嫌な人との関係に、無理に耐える必要はない。大人として解決するか、引っ越せばいい。人生は何かを我慢するには短すぎる」

「あなたの価値は、あなたが何をするか、何を達成するかで決められるものではない」

− @yazeedalmahi


「ステッカーにちょっとした格言を書く。私の場合は『まだ時間はある』だった」

Tagenu / Getty Images

「短期的、中期的、長期的な目標を書く。現実的に」

「自分で自分を律するため、時間を明確に決めたスケジュールを組む」

「早く寝る。健康な食事を取る。運動する」

− @jupiterfav


「人生において、先の見えないような浅いつながりを保つことにプレッシャーを感じなくてもいい。時間とエネルギーの無駄」

Malte Mueller / Getty Images

「より協力的で堅実な人たちとの関係を育むために、それを使ったほうがいい」

− @TristinaLee


「〇年もの間虐待を受けてきたのだから、そんなにすぐには治らない。もっと楽にとらえていい」

Nadiabormotova / Getty Images

「虐待のトラウマは一晩で消えるわけではないし、セラピーに通っていても壊れてたっていい(これは私の表現で、セラピストがこう言ったわけではありません)」

− @yelhsawo


この記事は英語から翻訳・編集しました。 翻訳:髙橋李佳子