「エアリズム 吸水サニタリーショーツ」のキッズ版が新発売

Asami Togi / BuzzFeed

12月6日より、全国のユニクロキッズ取り扱い店舗にて「ガールズ エアリズム吸水サニタリーショーツ」が発売された。

吸水するサニタリーショーツは、洗って繰り返し使えるサステナブルな商品である上に、大量のナプキンを持ち歩く必要がなくなったり、ナプキン特有の蒸れやかぶれを軽減したりなど、近年注目が高まっている。


3層構造の生地で、水分をすばやくしっかり吸収

Asami Togi / BuzzFeed

吸水ショーツは25〜30mlの吸水量があるという。女性就業支援全国展開事業によれば「経血量は、多くても1日30ml以内ぐらい」とのこと。

肌に触れる面の生地には速乾・抗菌防臭機能があり、水分を吸収してもすぐにさらりとした触感に戻る。

外側の生地は防水フィルムをラミネート。おしりの上までカバーされていて、就寝中の漏れも防いでくれるという。


さらさら生地で、蒸れにくい

Asami Togi / BuzzFeed

通気性のよいエアリズム生地が使われているのもユニクロならでは。

さらさらと肌触りがよく、薄手の生地でもたつかない。さらに汗をかいても蒸れにくいという。


9月に発売された大人向け吸水ショーツでは、約9割が「子どもにすすめたい」

子ども向け吸水ショーツ(画像左)/大人向け吸水ショーツ(画像右)

ユニクロは大人向けの「エアリズム吸水サニタリーショーツ」を9月より販売している。

同商品の事前モニター調査※では、7割以上が商品に「満足」と回答し、中高生の子どもがいる女性の約9割が「子どもにおすすめしたい」と回答した。

※2021年8月実施、モニター回答数74件(うち中高生の子どもがいる女性29件)


思春期のカラダの変化をポジティブに捉える

Asami Togi / BuzzFeed

ユニクロが吸水サニタリーショーツの発売を記念して開催したイベント『ママと子どものフェムケア〜思春期の女の子の心とカラダ〜』では、産婦人科医・高橋幸子さんが登壇。

子どもの身体に変化があったり月経が始まったりした際に、保護者はどのような対応すべきかという問いに対し、次のようにコメントした。

「まず、お子さんの身体が大人に向かっていることを『喜ばしいことだ』と受け止めるスタンスが何より大切です」

「『あなたが大人に向かって順調に発育しているということだよ』『とっても嬉しいと思ってるよ』などポジティブに伝えてあげて」

ほかにも、保護者自身が思春期のころにどんな変化があったか、初経のときに何を感じたかなど実体験を話すのもよいのでは、とアドバイスした。


不安を抱える子どもに“大丈夫だよ”と寄り添いたい

Asami Togi / BuzzFeed

続いて登壇した因幡真理子さん(株式会社ユニクロ グローバル商品本部キッズMDリーダー)は、商品に込めた思いをこう語る。

「思春期の女の子は、本人もご家族も心配ごとが多いと思う。(そんな女の子に)一人でいるときも大丈夫だよ、と寄り添うショーツでありたい」

「学校生活において、短い休憩時間にナプキンを替えることの難しさ、ナプキンを入れたポーチを持ち歩くのを見られたくない気持ちなどもある。そういった悩みも軽減できるのでは」


全国のキッズ取り扱い店舗およびオンラインストアで購入できる

Asami Togi / BuzzFeed

「ガールズ エアリズム吸水サニタリーショーツ」の価格は1500円。

サイズ展開は140〜160cmで、グリーン、ネイビー、ブラックの3色から選べる。