12月に上映が予定されているイギリス映画『ルイス・ウェイン 生涯愛した妻とネコ』。
本日新たに11月22日の「いい夫婦の日」を記念して、ルイス・ウェインとエミリー夫妻がネコと散歩する特別映像が公開されました。

同作は、19世紀末から20世紀にかけてイギリスで一世を風靡したイラストレーター「ルイス・ウェイン(Louis Wain)」が、ネコを描き続けた数奇な人生を通して、優しくも温かな愛を描いた物語。作中のストーリーでは、身分の違いによる周囲の反対を押し切り、人里離れた田舎町で結婚生活を始めたルイス・ウェイン(ベネディクト・カンバーバッチ)と妻エミリー(クレア・フォイ)が、ある日家の近くでハチワレ模様の子ネコを保護。ピーターと名づけて、子ども代わりに育てることになります。

今回新たに公開されたのは、そんな3人(2人と一匹)が仲睦まじく、四季折々の風景の中を散歩する映像。秋には紅葉溢れる森の中を歩き、雪が積もる冬には雪だるまを作って遊び、のどかな春には3人並んで日光浴を楽しむ。どこにでもある平凡な日常が、最も幸せな瞬間だということを喚起させる映像で、美しい木々や花々に囲まれながらゆったりと穏やかに過ごす光景は、まるで絵画の中の世界のようです。

上映開始まで10日となった本作には、ネコ好きな著名人からの感想コメントが到着。動物写真家の岩合光昭さんをはじめ、保護猫マル&オレオの暮らしがSNSで話題になっている歌手の藤あや子さん、「ネコ吸い」の第一人者であるミュージシャンの坂本美雨さん、お笑いコンビ「三四郎」の相田周二さん、映画アクティビストのDIZさんらがコメントを寄せています。

――岩合光昭(動物写真家)
たくさんのネコが、存在感を持って登場します。
ルイス・ウェインはネコとヒトとの距離を、愛で近づけた貴重な芸術家です。
100年の時を隔て、彼と共鳴します。
ネコをよく見ること、そして、愛すること。