3,000点の猫アート作品を展示「猫都のアイドル展 at 百段階段」4/26から開催

3,000点の猫アート作品を展示「猫都のアイドル展 at 百段階段」4/26から開催

昭和初期の豪華な装飾を施した木造建築「百段階段」で4月26日から、猫をモチーフにしたアート作品を展示する「猫都のアイドル展」が開催されます。

百段階段とは、1931年に国内で最初に誕生した総合結婚式場・ホテル雅叙園東京(旧称:目黒雅叙園)の敷地内に建造された、園内に現存する唯一の木造建築。

99段もある長い階段廊下で結ばれた7つの部屋(十畝の間、漁樵の間、草丘の間、静水の間、星光の間、清方の間、頂上の間)はかつて食事を楽しんだり宴などが催された場所で、各部屋の天井や欄間には当時屈指の著名な画家たちによる美しい作品が描かれており、江戸文化の贅(ぜい)を受け継ぐ昭和の色彩空間として現在も大切に保存。その装飾は伝統的な美意識の最高到達点を示すものとも評され、2009年には東京都の有形文化財に指定されています。

そんな歴史ある百段階段を舞台に「猫の都のアイドル」をテーマにした作品の数々を展示するのが本展で、会場には平安・江戸・昭和・平成など、各時代を象徴する猫に扮したアイドルが大集結。29名のアーティストによる累計総数3,000点以上の猫アート作品が展示されます。

展示会場の内部は写真撮影OKで、会期中は常時展示されている作品もあれば、気に入ったアーティストの作品を購入できる物販会場も出現。各部屋を巡って作品を鑑賞したり、ショッピングをしたりして楽しめるほか、複数の作家による作品が期間限定で代わる代わる展示されるリレー個展など、複数回訪れても楽しめる企画も用意されています。

また、エントランスのエレベーター前には、猫人形作家の佐藤法雪さんが作る人間用の超リアルな猫のかぶりもの「リアル猫ヘッド」が、アイドルファッションに身を包んだスペシャルバージョンとなって登場。

ミュージアムショップには百段階段訪問の記念お土産品に加え、手軽に購入できる猫グッズも多数販売される予定となっています。 

<イベント概要>
名称:猫都のアイドル展 at 百段階段
期間:2019年4月26日(金)〜5月19日(日)
入場:一般 1,600円、高大生 1,200円、小中学生 600円
会場:ホテル雅叙園東京内 「百段階段」


関連記事

Cat Pressの他の記事もみる

関東甲信越の主要なニュース

東京 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

地域 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

地域選択

記事検索