テーマは「猫と犬に癒やされる風景画」光の情景画家・笹倉鉄平氏の作品展が大丸東京店で開催

テーマは「猫と犬に癒やされる風景画」光の情景画家・笹倉鉄平氏の作品展が大丸東京店で開催

ヨーロッパの各地を訪問しながら情景画を描いている画家、笹倉鉄平(ささくら てっぺい)さんの作品を展示する「犬・猫に癒やされる風景画展」が大丸東京店で9月18日(水)より開催されています。

笹倉鉄平さんは1954年生まれ、兵庫県出身の画家で、武蔵野美術大学を卒業したのち、グラフィックデザイナーや広告制作会社専属のイラストレーターなどを経て1980年にフリーランスに転身。

その後は全国の百貨店などで個展の開催や作品の発表を続け「笹倉鉄平全版画集2002‐2013(求龍堂)」や「ヨーロッパやすらぎの時間(求龍堂)」などの画集を出版する傍ら、近年ではフランスやイタリア、中国などで開催した展覧会も成功を収め、日本人の美意識や優しい感性を美しい情景画を通して海外へ伝えています。

「心やすらぐ光を届けたい」との思いを抱えながら制作しているという笹倉さんの情景画は、ヨーロッパの自然や町並みなどを多彩な光の表現力で描いた作風が特徴的で、旅情と優しい光が溢れる作品から「光の情景画家」と称されるほど。

大丸東京店の11階催事場で始まる作品展では「犬・猫に癒される風景画」をテーマに、光とともに猫や犬が描かれた心和む風景画の貴重な原画、約70点が展示されています。

会場には今回初めて公開されるという最新作の「シャペルリー」も出展。フランスとスイスの国境に横たわるレマン湖。そのフランス側にある美しい村・イボワールで笹倉さんが一瞬にして心を奪われたという帽子屋を描いた情景画で、店先に並ぶさまざまな種類の帽子やテントの上にキラキラと射す木洩れ日と共に、実際にはその場所にいなかった猫や犬などがくつろく姿も描写されおり、「幸福な光を浴びる」イメージを表現した作品となっています。

原画以外にも、約80点の版画作品が展示・販売されるほか、9月22日(日)と23日(月・祝)には笹倉さんが来場してサイン会を実施。会場にて作品や画集、DVDを購入したを対象に両日とも14時〜15時にかけて行われる予定となっています。

その他にも会期中は、会場で作品を購入した人の中から先着で150名に最新作が描かれたオリジナルトートバッグをプレゼントしてもらえる特典も用意されています。

<イベント概要>
名称:笹倉鉄平 犬猫に癒される風景画展
期間:2019年9月18日(水)〜9月24日(火)
会場:大丸東京店 11F催事場


関連記事

Cat Pressの他の記事もみる

あわせて読む

関東甲信越の主要なニュース

東京 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

地域 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

地域選択

記事検索