福井美余さん

こんにちは!メイクアップ研究家・メイクアップ博士®︎の福井美余です。

4月も中旬を過ぎて、キラキラとした日差しを感じる日が増えて来ましたね。春から初夏にかけて、色とりどりの花が咲く美しい季節になったなと感じたら、そろそろしっかりUV対策をしなければ!!!日焼け予防に特に気を使う時期の到来です。

シミ・シワ・たるみの原因のほとんどが、紫外線によるものと言われています。ですから、今すぐUV対策を始めることが大切。紫外線のピークを迎える夏にかけて、きちんと日焼けを防ぐことで、若々しい肌をキープできますよ。

紫外線対策に意外と効果的なのは化粧下地とファンデーション 

UV対策というと、真っ先に思い浮かぶのが日焼け止めですよね。でも実は、化粧下地やファンデーションにもちゃんと日焼けを防ぐ効果があります。

日焼け止めと比べて、化粧下地とファンデーションは皮脂や汗に強く、持ちが良いので、UV対策には心強いアイテム。そこで今回は、日焼けしにくくなるファンデーションの塗り方をお伝えします。

一番日焼けしやすい部分を重点的にケア!

顔の中にも、特に日焼けしやすい部分があります。もっとも日焼けしやすいのは、こめかみから頬骨にかけて。この部分は、顔の中でも骨格が高い位置にあるので、紫外線が当たりやすいんです。なので、他の部分に比べてシミができやすいと感じている人もいるのではないでしょうか。

福井美余さん

化粧下地やファンデーションを塗るときに、こめかみから頬骨にかけて重ね塗りすることで、紫外線を防ぐことができます。顔全体にファンデーションを塗ったあと、こめかみから頬骨にかけて、もう1回重ねて塗ってみてくださいね。重ね塗りの効果で、肌を紫外線から守ることができますよ。

 マスクによる化粧崩れ対策もぬかりなく

そして!忘れてはならないのがマスク崩れ対策。気温が上がるにつれて、マスクの中の蒸れが気になりませんか?蒸れることが原因でファンデーションが崩れると、UV効果も薄れて日焼けしやすくなることが…。

ファンデーションをスポンジでおさえているところ

崩れにくくするコツは、ファンデーションを塗ったら、メイク用スポンジで顔全体をポンポンと軽く押さえること。このひと手間でピタッと肌に密着して、化粧崩れを予防できます。

さらに、フェイスパウダーをパフかブラシで顔全体に塗ると、ますます化粧崩れを防ぐ効果がアップしますよ。フェイスパウダーを塗ってから、顔を触って、表面がさらっと滑るくらいの感触を目安にしてくださいね。

紫外線はくもりの日でも家の中でも降り注いでいるので、油断は禁物。毎朝のメイクでキレイとおしゃれを楽しみつつ、肌はしっかり紫外線から守りましょう。

文/福井美余 撮影/かんばやしちあき