コロナ禍だから週末でも遠出はしないで、近くのショッピングモールで買い物。羽を伸ばしてもキャンプに行く程度でほとんどは家でネット視聴、控えめな生活と思いきや、こんなタイプはお金が貯まらない夫婦かも!家計再生コンサルタントの横山光昭さんはこれまでの相談経験から、このことに気づいたそうです。聞けば納得の理由、早速伺いましょう。

派手にお金を使う以外で、お金が貯まらないのは

お金が貯まらない夫婦の「週末の過ごし方」というと、「派手にお金を使っている」イメージがあるかもしれません。

私のもとに相談に訪れるお客様の中にも、そういうご夫婦はいます。とくに高収入の方は、週末になると「たまったストレスを一気に発散させよう」とドカンと使う傾向があります。しかし、そういう人は少数派です。

お金が貯まらない夫婦によく見られる特徴は、「週末の支出にメリハリがないこと」です。ひとつずつの支出は少額なのに、あれもこれもとお金を使っている様子。

たとえば、繁華街やショッピングモールに出かけたら、必ず外食をする。ランチやディナーだけでなく、アイスやジュースなど、ちょっとしたものを買ってフードコートなどでひと休み。買い物をすれば、洋服でも家電でも日用品でも、「どうせ買うなら」と少し高めの商品を買ってしまう。

子どもがいる家庭なら、5000円以上するようなテーマパークには行かないけれど、「情操教育になるから」と動物園や博物館、海や山など、週末の度に連れて行く。元手があまりかからなそうなキャンプをするにしても、キャンプ道具や遊び道具を買い揃えて楽しむ。

自宅で過ごしていても、サブスクリプションのネット動画サービスにいくつも入るだけでなく、「1本単位」で支払いが発生する新作も気兼ねなく見る。スマホの有料アプリもちょこちょこ購入。ちょっと高いクラフトビールやおつまみもグレードアップ。「ラクだから」と出前サービスもつい頼んでしまう

このように、小さな支出を積み重ねていれば、豪遊していなくてもお金が減っていきます。読者の皆さんに心当たりはありませんか?

まして今は、「コロナ禍で楽しめることが少ない。せめてこれぐらいは」といって、財布の紐が緩んでいる人が少なくありません。だからますます出費にメリハリがなくなっているというわけです。

「趣味はお金を使う」とざっくり決めればOK

もっとも、週末を楽しみながらお金も貯まっている夫婦は、ものすごく支出に気を配ってコントロールしている、という感じではありません。「お金を使うルール」をざっくりと決めて、そのルールに沿って支出をしているのが、お金が貯まる夫婦の特徴です。

そのルールのひとつが、「お金の使い道を絞ること」です。レジャーも外食もサブスクもとあれもこれも使っていたら、トータルでは大きな出費になります。「趣味には引き続きお金を使いたい」「洋服にお金をかけるのはやめよう」とお金を使う優先順位を決めて、支出にメリハリをつけましょう。

お金の使いすぎを防ぐもう一つのルールは、「遊ぶ予算を決めること」です。「月6万円の範囲で自由に使って良い」というように、先に予算を決めておくと、際限なくお金を使うようなことがなくなるでしょう。

監修/横山光昭 取材・構成/杉山直隆 イラスト/村林タカノブ