盗難車や自動車部品も ヤードに不法保管 会社社長を書類送検  /君津市

盗難車や自動車部品も ヤードに不法保管 会社社長を書類送検  /君津市

 君津市にある自動車部品の解体や保管などを行う「ヤード」で、盗まれた自動車と、特定の自動車部品を不法に保管していたとして、会社社長の男が書類送検されました。盗品保管と、ヤード適正化条例違反の疑いで、書類送検されたのは木更津市に住む自動車整備業などを営む会社社長の男(48)です。

 警察によりますと、去年12月、都内で盗まれた自動車1台がGPSなどの探知により、男が所有する君津市北子安にある自動車部品の解体や保管などを行うヤードで見つかったということです。ヤードの捜索では、保管に届け出が必要な自動車の動力を伝達する装置トランスミッションなど2つの部品もみつかったということです。

 このうち盗品保管について警察は捜査に支障があるとして男の認否を明らかにしていません。部品の保管について男は「部品を何らかの修理で使うと思って保管していた」と容疑を認めているということです。

 特定自動車部品の保管の摘発は、2015年に施行されたヤード適正化条例では、県内では2番目となる検挙になりました。


おすすめ情報

チバテレの他の記事もみる

関東甲信越の主要なニュース

千葉 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

地域 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

地域選択

記事検索