被災し給食センター停止の館山市 石井食品がミートボール約3500食分提供

被災し給食センター停止の館山市 石井食品がミートボール約3500食分提供

 台風15号以来市内の給食センターが稼働できないままの館山市に、船橋市の食品会社から定番のおかずが提供されました。館山市では台風15号で市内の給食センターが被災して給食が提供できず、市内の公立小中学校に通う子どもたちは弁当を持参するなどしています。

 そんな中、船橋市に拠点を置く石井食品がおなじみのおかずミートボール約3500食分を館山市に提供しました。館山市立那古小学校の6年生のクラスでは、一人に1袋ずつ、ミートボールがふるまわれ、久しぶりにみんなで同じおかずを口にした子どもたちがうれしそうに箸を動かしていました。

 なお被災した給食センターは、修理に莫大な費用がかかり、工事期間も長期化が予想されること、そして来年9月には新しい給食センターが稼働することから、現在再稼働について検討が進められています。


おすすめ情報

チバテレの他の記事もみる

あわせて読む

関東甲信越の主要なニュース

千葉 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

地域 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

地域選択

記事検索

トップへ戻る