俳優の谷原章介(49)が24日放送のフジテレビ系朝の情報番組「めざまし8」にスタジオ出演。大阪府で、同居していた母親の交際相手から熱湯を浴びせ続けられたとされる3歳男児死亡事件に声を震わせた。

 番組では、今年8月、同府摂津市の集合住宅で起きた事件を放送した。熱湯を浴びせ続け、3歳の男児を殺害したとして、府警は母親の交際相手を殺人容疑で逮捕した。

 亡くなった男児は生前、母親が家に帰ろうとすると交際相手を名指しし「たっくん、いや」と帰宅を拒否する姿が見られた。母親自身も交際相手の子どもへの暴力を市役所に相談。近所の住民も異変を感じ、警察に通報するなどしていた。

 放送映像が終わり、スタジオに切り替わった谷原はしばらく言葉が出なかった。自身は6児の父でもあり、「なんでこう5分間も熱湯を浴びせることができるのか。それが僕、本当に分からないんですけども。ずーっと泣いてるでしょうしね」と困惑しながら、言葉を絞り出した。

 続いて「いろんな感情を交際相手の自分の子どもではない子に抱くのはあるのかもしれないけども。それを大人が行動に起こしては絶対にいけない」と語気を強めた。

 番組では最後に、児童相談所虐待対応ダイヤル「189」や、児童相談所相談専用ダイヤル 0120(189)783 などの対応ダイヤルも紹介した。