元キャンディーズの歌手伊藤蘭(66)が26日、東京・日比谷野外音楽堂でニューアルバムを引っ提げたツアーの特別追加公演を行い、大勢のファンを沸かせた。

 伊藤は2019年、キャンディーズの解散から41年ぶりに音楽活動を再開。今月1日には復帰後の2枚目のアルバム「Beside you」を発売するなど精力的に音楽活動を続けている。

 日比谷野音は1977年7月17日にキャンディーズが解散宣言をしたゆかりの会場。「普通の女の子に戻りたい!」と伊藤が泣きながら放った言葉が流行語にもなった。

 44年ぶりに思い出のステージに帰ってきた伊藤は「今日はただいま野音、と言わせてもらっていいのでしょうか。あの時から気の遠くなるような時間がたちましたが、ついこの間のことのようにも思えて不思議な気持ちです」などと、感慨深げにあいさつした。

 この日のライブは“スペシャルな日”として、キャンディーズのヒット曲「春一番」から歌い出し。ニューアルバムの収録曲に加えて、「やさしい悪魔」「年下の男の子」など、キャンディーズの名曲を満載したステージで盛り上げた。