TBSの皆川玲奈アナウンサーが28日、同局系「ひるおび!」にスタジオ出演。学習院女子中等科で同級生だった秋篠宮家の長女、小室眞子さんの弁当についての印象を明かした。

 2004年4月、眞子さんと同時に中等科に入学した皆川アナは「同じ学年で、クラスは別々でしたけど」と回顧。別のクラスの眞子さんと一緒にご飯が食べたいと思い、ご学友に声を掛け、一緒に食べたりしていたという。

 「お弁当がすごい美しかった」と見た目も整った弁当が印象的だったとし、「白いご飯の上に桜でんぶがちりばめられていて」と中身を説明。当時自分は桜でんぶの存在を知らなかったため「このピンク色のはなんだ」との驚きが強かったという。

 「私のも『なんですか?』なんて聞かれて…」と弁当の中身について、眞子さんと会話を楽しんだという。