アニメ映画「ザ・スーパーマリオブラザーズ・ムービー」の続編が2026年4月24日に日本で公開されることが18日、明らかになった。

 任天堂の公式Xで宮本茂代表取締役が自身の名で発表。「スーパーマリオの新たなアニメ映画の日本での公開日が2026年4月24日に決まりました。楽しい映画になるように、イルミネーションのチームと一緒に取り組んでいますので、引き続き楽しみにしてください」と続編の完成に期待するよう呼びかけた。

 「ザ・スーパーマリオブラザーズ・ムービー」は日本とアメリカの合作による映画で、ゲームのマリオシリーズを原作として制作され、2023年に公開された。同年、世界での興行収入は「アナと雪の女王」を超えてアニメ作品市場2位になるなど、大ヒットした。

 同作は、マリオとルイージがクッパらが住む世界に吸い込まれて冒険がスタート。ピーチ姫やキノピオと冒険に出て、クッパに立ち向かった。米国版ではマリオ役の声はクリス・プラットが務め、日本語吹き替え版では宮野真守が務めた。

 同作は、エンドロールの後、マリオやルイージがゲーム内でともに冒険するキャラクター「ヨッシー」の卵が1つあり、それがひびが割れて、殻が還るような演出で終わっており、続編がファンから期待されていた。

 そのため、ネット上では「次はヨッシーがメインになるのかな?」「ヨッシー絶対に出てくるよなあ」「ヨッシー主軸のストーリーになるのは間違いないな」などの声が既にあがった。