20日放送の日本テレビ系朝の情報番組「ZIP!」「DayDay.」では同局の24時間テレビの着服問題についての謝罪が相次いで行われた。ネット上では、この対応に否定的な声が目立っている。

 謝罪したのは同局の水卜麻美アナウンサー(37)。まず「ZIP!」では「今年の24時間テレビについてお話をさせてください」と神妙な面持ちで切り出し、8月31日から9月1日に今年の24時間テレビが開催されると報告した。

 続いて、昨年11月に系列局「日本海テレビ」の経営戦略局の局長が寄付金などを10年にわたって1100万円余りを着服していたとして懲戒解雇処分となった問題について触れ、「皆さまからの信頼を裏切ってしまう行為です。心よりおわび申し上げます」と深く頭を下げ、弁護士を交えた対策チームを発足したと説明した。

 24時間テレビを今年も実施する意義と意図を説明した短いVTRの後、水卜アナは「本当に申し訳なく思っていますし、心苦しく思っています」「24時間テレビで信頼を取り戻せるよう、必死に考えて伝えて行きたい」と再び謝罪した。

 同局系の次の番組「DayDay.」の番組後半でも水卜アナがスタジオに出演し、謝罪。同じVTRが流されるなどした。

 テレビ局の番組トラブルで、当事者ではないものの関連するアナウンサーが代表として謝罪する形にはネット上でこれまでネガティブな反応がされてきたが、水卜アナが各番組をハシゴしてまで謝罪する姿が物議を醸している。

 ネット上では1日から管理職のチーフスペシャリストに昇進したこともあって「24時間テレビの謝罪と説明させるために、水卜アナを出世させたみたい」という声や「え、水卜アナ全番組回って24時間テレビの謝罪するの?」「こういう事、ミトちゃんに言わせず幹部がきちんと説明するVTRを流しなよ」「こっちが辛くなる」「ミトちゃんの好感度に頼りまくっててミトちゃんかわいそう」「なんでアナウンサー1人で謝ってんだよ」と騒然としていた。