◇22日 J1第11節 名古屋2―0G大阪(豊田スタジアム)

 名古屋グランパスはG大阪に2―0で快勝。9勝2分1敗で勝ち点を「29」とし、首位の川崎に勝ち点3差に迫った。

 グランパスは試合開始直後こそG大阪に攻め込まれたものの、徐々に試合をコントロール。鋭い速攻でチャンスをつくり、前半29分にFW相馬勇紀(24)のクロスをFW山崎凌吾(28)が沈めて先制した。

 後半も、グランパスの速攻がさえる。同10分、相馬が左サイドを突破し、そのまま自ら決めて追加点。その後はG大阪の反攻をしのぎ、今季10度目の完封で勝ち切った。

 3月3日に行われるはずが、新型コロナウイルス感染拡大の影響で延期となったこの日の試合。これで首位・川崎との勝ち点差は「3」。29日、5月4日の川崎との連戦で首位奪取の可能性も出てきた。