◇16日 ロッテ6―6西武(ZOZOマリン)

 ロッテの井口資仁監督(46)は16日、西武戦の試合後に代表取材に応じ、この試合で先発デビューした佐々木朗希投手(19)の出場選手登録を抹消し、再調整させる方針を明かした。

 佐々木朗はこの日、5イニング、107球を投げて被安打6、5奪三振、2与四球の4失点(自責2)。2点リードで勝利投手の権利を得てマウンドを降りたものの、8回に4番手の唐川投手が同点2点打を打たれ、初登板初白星を逃した。ストレートの最速は154キロだった。

 井口監督は「ランナーをおいてからのクイックだったり、いろんな課題はあると思うので、その中でしっかりと次回も投げて修正をしてくれれば」と語った。この日は走者を再三にわたってけん制しながらも5盗塁を許してしまい、ピンチを広げた。10日近く間隔を空けて1軍に再昇格させるとみられている。

 佐々木朗も「緊張はあまりなかったです。真っすぐはある程度はコントロールできたんですけど、変化球が抜けてしまう球が多くてそこでカウントも不利になってしまった。そこを修正していきたいです」と登板後はコメントした。

 1、2回と無失点で切り抜け、打線から4点の援護を得て4―0とリードしていたものの、3回に入るとまさかの3失点。若林、源田の連続タイムリーと栗山の犠飛で1点差にまで迫られ、5回には三塁に走者を置いた場面でフォークがそれて痛恨の暴投となり、同点に追い付かれた。

 その裏に本塁打でリーグトップのマーティンがこの試合2発目となる勝ち越しの12号2ランを放ち、勝利投手の権利が発生。救援陣に後を託したが、2点のリードを守れなかった。