◇17日 春季高校野球関東大会準々決勝 関東第一7―3日本航空(山日YBS球場)

 関東第一(東京)は、初戦の千葉学芸戦で2失点完投したエース市川祐投手(3年)が、再逆転した直後の6回から4イニングを被安打2、無四球で無失点と好リリーフした。

 「逆転した波に乗って(6回を)抑えれば逃げ切れると思った」。1死からヒットを許したものの得点を許さず、シーソーゲームだった流れを断ち切って追加点も呼び込んだ。

 直球は130キロ台後半だったが、スライダー、チェンジアップ、ツーシームとの緩急で勝負した。

 「全体的にまとまっていてどの球種でもカウントも空振りも取れました」

 昨秋はエースで4番も務めたが、今年はピッチャー練習に専念。自己最速144キロ右腕は、1年夏以来となる甲子園に向け、緩急のバリエーションを広げるために「直球とスライダーの球速をもっと上げたい」と目標を掲げた。