◇18日 J1第29節 名古屋2―1横浜M(豊田スタジアム)

 前後半ともに早い時間帯に失点し、出はなをくじかれた。痛恨の黒星を喫した2位横浜M。前節までの28戦で18完封という名古屋の堅守を崩し切れず、1試合消化が少ない首位川崎との勝ち点差は「4」に広がった。

 ボールを支配してチャンスをつくりはしたものの、ゴールは遠かった。マスカット監督は「完全に支配した」と振り返ったが、名古屋の組織的な守備の術中にはまったとも言える一戦だった。

 0ー2で迎えた後半27分にFW杉本健勇(28)がヘッドで1点を返し、反撃ののろしを上げた。しかし、結果的には一矢報いただけの一発。同24分から交代出場していたFWは、「試合に勝っていないので、これ(自身の得点)がどうとかっていうのは別にない」と悔しがった。