◇20日 大相撲秋場所9日目(両国国技館)

 結びの一番に大波乱が起きた。常勝横綱、照ノ富士が大栄翔の押しに一敗地にまみれた。

 立ち合い、照ノ富士が左足から踏み込み、左で前みつを取りに出た。だが、まわしまで手が届かない。それでもさがりは数本取れた。たかがさがりと言うなかれ、さがりだけでも結構引きつけることもできるのだ。

 大栄翔はさがりを取られたのはすぐに気が付いたようで、右で突き放した。照ノ富士の肘のサポーターが飛んだ。その瞬間に大栄翔の反撃が始まった。好調な時の右のど輪がさく裂する。下から突き上げる効果抜群の突きと押しに、照ノ富士の重い腰が浮いた。

 大栄翔は勝機を見て取るや、一気に出足鋭く攻め立てると、さしもの照ノ富士の重い足腰もこらえようがなかった。この日の相手は決して楽ではないと見ていたが、あの照ノ富士が何もできなかった。

 照ノ富士としては立ち合いも踏み込みも悪くはなかったが、左上手が取れなかったのが誤算だったと思われる。なぜ左が取れなかったのか。私は大栄翔がいつもより頭で強く当たらなかった立ち合いの妙にあると見た。

 強い当たりを予想していた照ノ富士は、これでタイミングを見失ってしまったと思われる。大栄翔は意識的に立ち合いを遅らせたのではあるまいか。本心を聞いてみたいものだ。照ノ富士には悪いが、これで今場所は少しだけ面白くなってきた。平幕に2敗と3敗力士があまた残っているので、平幕優勝もあるかもしれない。

 貴景勝はようやく体が動くようになった。勝ち越しに望みが出てきた。正代は5枚目の1勝7敗の絶不調力士を当ててもらい6勝目を挙げたが、審判部のご厚情に感謝せよ。

 危なく忘れるところだったが、豊昇龍と若隆景の一番はすごかった。若隆景にうまく取られた豊昇龍が、絶体絶命の体勢から捨て身の一本背負い。最後は二丁刈っていたので二丁投げか。そんなことはどうでもいい。見事にこれが決まったのだからもうたまりません。オリンピックの柔道でもこれほど鮮やかに大技が決まることは、そうはないでしょう。この2人の対戦はこれからも必見の一番となることでしょう。

 それから10日目は宇良が照ノ富士と当たります。照ノ富士は大栄翔戦の負けでご機嫌が悪いと思うので、あまり抵抗しないでさっさと負けて帰って来た方がよろしい。

 9日目の土俵は久しぶりに楽しかったです。本日は飯の話はやめておきます。あまりにも芸がなさ過ぎます。ではご機嫌よう。(元横綱)